Mayutti Blog

箏三絃教室・自分の稽古・初代うさぎ(モコ)の成長記録ブログ。

まゆっちのぶろぐへようこそ!
箏三絃教室・自分の稽古・初代うさぎ(モコ)の成長記録ブログ。
新入りうさぎの「うに」のブログはこちら

https://mayuttiuniuni.diary.to/

★箏・三絃★

構ってチャン

昨日の練習中の一コマ。
午前中、レッスン室で自主練を始めると、うにもついてきました。
DSC_1331-20201016

見える位置でゴロン。

午前中は構ってチャン。

三味線の音が鳴っても身繕いしてくつろいでいます・・
DSC_1332-20201016

お気に入りの生徒さんの時も、こんな感じで隅っこで聴いています。
DSC_1333-20201016

DSC_1336-20201016

構ってあげないと、だんだん近づいてきます。
(構ってモードの時、楽譜をかじられるので手前に待避)
DSC_1343-20201016

DSC_1342-20201016


三絃練習中のうにの様子(動画/音あり)



楽譜や譜面台をカジカジしながらどんどん近づいて
なでなでアピール
DSC_1339-20201016

このあと、なでなでを間に挟みながら練習しました
(少しでも手を止めるとカジカジして催促されるので、練習よりなでなでの時間のほうが長い)

今日は、モコの11回目の月命日
うにもいつの間にか、13日で11ヶ月
人でいうと19歳。
すくすく大きくなっています。

来月はうにの誕生日に、モコの一周忌に演奏会に・・
色々なことがあるね。

2回目のリハ

本日は2回目のリハ。
第11回峰の会チラシはこちら

10時~19時
リハの曲順
------------
青い地球
秋によせる三つの幻想曲
鐸よ
桜色香

アスリート
月の旋律
夢はマーチに乗って

愛と祈りの調べ
兎と亀
笑顔
黎蔭燦然
彩花物語
------------

黄色が私の出演曲。
私を含む名取4名は9時に集合し、本日の段取りや峰の会に向けての打合せ。
素早く準備し、少しでも合奏時間を長く・・
予定通りリハが進むようお手伝い。

私の生徒さんたちも青い地球のコーラスに参加するため午前10時から集合。
空き時間はゲストの先生のお茶出しやチラシ折りなどお手伝いしてくれて助かりました。
長い一日、お疲れ様でした。

リハの様子
20201011_154915391-20201011

今日は準備と演奏に明け暮れて、おしゃべりする時間がなかったな~。
それは残念だけど・・なんとか無事終わってよかった。

自分の演奏については、録音を聴いて色々と思うところがありますが・・
来月に向けて自分の課題をひとつずつクリアしていきたいです。

つかれたときは

とりあえず「うに」を見て癒やされよう

PA100294-20201011

なんとかなるさー

10/8 お稽古日記&合奏

10月2回目のお稽古

秋は目がかゆい。
左側の前髪が直毛ゆえ、少しでも伸びたら余計に目がかゆい。
朝イチに美容院で前髪カット。
簡単なアレンジサービス付き
今回は、2つのゴムを使ってねじってくれました。
DSC_1316-20201008

11時に家をでなくてはいけない。
急いで1回ずつ練習

DSC_1318-20201008

今日のお稽古は、三絃と胡弓は通常レッスン。
私の箏の時間を使って「秋によせる三つの幻想曲」の合奏練習。
各パートリーダーが集まって師匠にみていただくことに。

(1回目の「秋によせる~」のリハはオトナの事情によりやむなく中止のため)



まずは通常のお稽古から。
三絃:春は曙(前歌)
ちょっと変わった手があって歌いにくかったが、前歌まではしっかり練習。
低音が多く出てくる。そのたびにおなかに力を入れて声を出す。
腹筋が鍛えられそうな曲
一(G)の乙(1オクターブ低い)なんて初めてみた。。
さすがにこれは出ない。

・アタリもだんだんと出せるようになってきた。
低めの同音のアタリ(四)など、うまく出せるよう今後の研究。



胡弓:楠の露(前歌~手事途中まで)
二上がりはイ五がよく出てくるので難しい。
初心者にとって棹をくるっと回して1の糸を正確に押えるのは難しい。
そういう意味でも、最初は三下がりの曲を中心に教えるそうだ。

短いので3回弾いた。
最後の1回は1人で。
手数が多くなると、三絃のように糸をしっかり押える癖があるので注意。
胡弓はいかなる時も糸にふれるだけ。押さない!!!



十七絃:秋によせる三つの幻想曲より1章3章

胡弓が終わった頃に1箏、2箏のお二人が到着。
この3人の合奏を師匠に聴いていただくのは今回が初めて。
この曲は色んな意味で難易度高い。
リハ以外で合奏練習する機会もなく、モヤモヤしながら一人で練習していたけど
今日のレッスンで理解が深まった。
リハまでの自分の課題も見つかり目の前が開けた。
スッキリ。



気分良く帰宅でき、体調も良いのでこの勢いで夕方まで他の曲をおさらい。
桜色香、笑顔、鐸よ、夢はマーチにのって
リハ前の1週間は1回ずつでも毎日弾いておかないと不安である。

夕方から生徒さんのレッスン

10/1 お稽古日記

10月1回目のお稽古。

三絃:菊の寿 仕上げ。
※胡弓で習った菊の寿とは別の曲。
こちらは富山清琴先生の曲と思われる。
いつもの地歌とは少し違う雰囲気。
高ツボも多い。

合奏してすぐに3の糸が勢い良く切れた
新しい糸はしばらく音が狂う
よりにもよって合奏の日に。
開放絃の時に糸巻きをしめたり、ツボで調整したり、弾きながら音の狂いを直すのも勉強。

次回「春の曙」

胡弓:青い地球
師匠の箏(伴奏)とハモりパートに合わせて主旋律を歌いながら胡弓を演奏。
本当に自分のキー(歌、胡弓ともに)合っているのか演奏中はよく分からない
特に何も言われなかったがこれで良いのだろうか・・。
次回「楠の露」

箏:菊の寿 仕上げ。
師匠の三絃はすばらしい。先ほど私が演奏した三絃とは大違い。
キレッキレの高ツボ、メリハリのある緩急、絶妙な間(ま)。
自分の三絃の演奏を恥ずかしく思いながら、贅沢な合奏のひとときを過ごす。

転門されたおともだちが、お稽古を始めた時に
「私のためだけに目の前で演奏して下さるなんてなんと贅沢なことなんでしょう!」
お話されていたことを思い出しながら弾きました。
確かに、その気持ち分かる!

次回「春の曙」だが、来週は「秋によせる三つの幻想曲」パートリーダーと合奏練習。

天六の病院に行ったついでに本多の食パン買って帰った
DSC_1292-20201001

最近の教室

一部の生徒さんからは
「師匠~!」「先生~」と呼ばれているうに。
先日も一緒に生徒さんの課題曲選びをしてくれました

「この曲にしましょう
P9101827-20200927

どうやら、現代曲の合奏が好きらしい。
生徒さんと箏の合奏していると・・
レッスン室に一緒にいる時はグルグルとダッシュし、
リビングで待機中は何度もレッスン室に行きたがるようです。
古曲や三絃は興味ないみたい。


実家に帰省していた生徒さんから・・
福井の名産をいただきました

羽二重餅もゴマ豆腐ももっちもち~。
もみわかめは磯の香りがしてごはんが進む!
DSC_1275-20200927

DSC_1276-20200927

DSC_1277-20200927


うちの生徒さん、親元を離れて大阪・兵庫に住んでいる方が多い。
しかもみなさん、遠方。
実家の近くで1人暮らしの方も。

お仕事しながら自分で生計を立てて、おうちで計画的に楽器の練習。
それぞれのペースで息抜きにお稽古を続けてくださいね!

福井出身の生徒さんも、先月からお稽古を始め、今月に箏を購入。
ワンルームのため消音対策をしながらの練習は日課になっているそうです。
メキメキ上達されています。



生徒さんから「リマインドメールが便利になりました~」と言われて気づきました。
レッスン予約の管理画面には
・リマインドメールを「する」「しない」
・「する」場合、「いつ送信するか」
という詳細設定がありません。

そのため、受付完了メールだけかと思っていましたが・・

生徒さんの話では、「レッスンの1時間前」にリマインドメールが届いていたようです。
それが1ヶ月程前から「前日16時頃に来るようになった」とのこと。
片道1時間以上の方だとギリギリにメールが来ても間に合わないので、前日に送信変更となったのはありがたいです。

これで「今日が予約日ってこと忘れてました~」は防げますね



生徒さんの三味線、グレードアップのメンテのために預かりました。
大切に使っていることが分かります。
DSC_1279-20200927



曲中の転調の印の付け方が難しくてできな~い!中学生の生徒さんにマニュアル作成。
チューナーでの調絃はなんとかできるようになったので・・
おうちで1人で印付けができるよう図解入り。
スクリーンショット 2020-09-27 095055

ダーマトグラフは持っていないし、赤鉛筆で糸をグリグリして色つけができないことを考え、蛍光ペンでの説明にしました。
ひとりでできるかな~

9/25 お稽古日記

9月3回目のお稽古。

お稽古の前に15分ほど、峰の会についてお話がありました。
・笑顔の十七絃追加。
曲の追加を見越して、エントリー曲を少し余裕のある曲を選択したので、今からでも問題なし。

・峰の会が円滑に進むためのサポートについて
第1回の時は私の前に姉弟子が5人いて、下っ端気分で10年過ごしてきましたが・・
いつの間にか姉弟子が抜けてしまい、今回の出演者では2番目の古株になってた。
次のリハからはサポートメンバーの一員として率先して動かねばならず、今から私にできるのかと緊張しています。。。

さて、本日のお稽古

三絃:菊の寿
胡弓でも菊の寿を習ったが、同じ曲名が他にもあるようだ。
こちらは富山清琴先生作曲のものと思われる。
少し変わった手がある。
最後まで弾いて次回は仕上げ。

胡弓:青い地球
箏の伴奏に合わせて、歌いながら弾いた。
ツボが大きくズレることもなく弾くことができた。
次回、新しい楽譜を渡すのでもう一度青い地球を練習。

箏:菊の寿
最後までざっと弾いて、次回仕上げ。
菊の寿が終わったら次は「春の曙」に進む
来週は木曜日

お稽古曲と並行して10/11のリハの練習もしなくては・・

今まで通り、チラシとプログラム作成担当のため、
師匠よりいただいた資料をもとにチラシ作成中。
今回は、うさぎが登場する曲がいくつか入っています。
生きてたら11月29日はモコの11歳の誕生日

良い演奏を月にいるモコに届けたいと思います。
DSC_1150

DSC_1277

DSC_0579

1回目のリハ

今日は11/29に開催される、第11回峰の会リハ

いつもの会場で朝から夕方まで。
赤の塗りつぶしが私の出演曲。
ちゃんと弾けるだろうか・・と数日前から緊張
12515313740252

前日は朝から夕方までレッスンのため、終わってから夜に全曲をおさらい。
DSC_1256-20200920
(音を出せない分、負荷をかけている)


出演者との合奏に慣れて1回でも多く実践練習をしたいので、いつも暗譜曲は1回目のリハには間に合わうように準備しています。
練習時のお手本音源とテンポ感や「間」が違うと「ん?」と思って手をまちがえたりするからです。
今回も1回目から暗譜でリハに挑みました。


近くのスーパーのイートインコーナーでランチ。
DSC_1258-20200920

DSC_1264-20200920

冷えた足をあたためるため、靱公園まで散歩。
DSC_1266-20200920

DSC_1265-20200920

リハの様子。
20200920_135214280-20200920

20200920_143856357-20200920

いつもより少人数編成が多い。
鐸よの1箏は5人中4人が菊希峰社中
桜色香の1箏も3人中2人が菊希峰社中
(桜色香はまさかこんなに少ないとは・・
自動的に私がソロじゃないか・・

昨年の峰の会では大勢に埋もれていた中2・Mちゃん。
演奏の手が他の人の頭で隠れていましたが、今回は全身がよく見えます!
師匠からも「よく弾けてたね!」と褒められたMちゃん。
大切に育てている生徒さんたちが褒められるのはウレシイ。

自分の演奏を録音で振り返り、どれもこれもイマイチ。
こんな演奏を他の人に聴かれていたのか・・と恥ずかしくなる。
来月は今日より良い演奏ができますように・・

三味線でびゅーのTさん、今日ソロを割り振られたOさん・・と
生徒さんのサポートもベストを尽します!

人をよく見ているうに

11:20現在のリアルタイムうに。

私のスマホより。
(近づくとカメラに近づいてくるので少し離れたところから)
DSC_1250-20200911

ペットカメラ目線
1599790889607-20200911

しかし、この時間帯、お気に入りの生徒さんが来ると大はしゃぎします。
スケジュールを知っているかのようにレッスン室にやって来ます。
私の知る限りでは、

うにがお友達認定している生徒さん
日曜の中2のMちゃん、Oさん
平日のS氏、Bさん、
新たにHさんもメンバーに入りそうな感じです。

殿堂入りした場合、合奏で盛り上がりを見せると、うにが部屋を何周もして一緒に盛り上げてくれるという特典があります。

すでにMちゃん、Oさんは殿堂入り。
先日も桜色香、彩花物語のクライマックスでうにも猛ダッシュ。
テンションMAX

一昨日のS氏の箏レッスン中。
S氏のイスの下で寝そべり、演奏中に素足部分を鼻でツンツンしてこちょこちょ攻撃。
演奏は止まれません・・
そして・・ついに私の2箏が盛り上がりを見せるところで、うにも部屋を3周。
猛ダッシュで合奏がさらに華やかに。

いつもゴロゴロしている姿しか見ていないS氏。
穏やかでクール?な生徒さんもさすがに
「笑かしてくれますねー」ニヤニヤ

うにの不思議な動きに癒やされた様子です。
レッスン中はマイペースにくつろいでいますが、レッスンが終わると、雰囲気で分かるらしく「なでて」のポーズ。
生徒さんによしよししてもらってご満悦のうに。


この日は次のBさんの三絃レッスン中も横でおなかをみせてゴロンと寝ていました。
そしてレッスンが終わると「なでてー」と催促。
うにはBさんのことも大好きなのですが、箏の合奏時だけ部屋をダッシュするようです。

午後はレッスン室にはあまり行かないです。
ずっと寝ています・・
ON OFFの差が激しいです(笑)

ところで、
生徒さんから「最近、ブログにうさぎの写真があまりないですね~」との質問。

うにブログは分離していますので、うにの写真を見たい方は「ミニレッキスのうにです」をご覧下さいね。


私のホームページ or 生徒さん専用ページの下までスクロールすると、記事を更新したかが分かるようになっています!
(表示まで12時間ぐらいタイムラグがありますが。。)
スマホの場合は縦一列に表示されます
スクリーンショット 2020-09-11 111716

9/10 お稽古日記

早くも9月2回目のお稽古。
電車の都合上、20分ほど前に着くのでパン屋さんに寄ってから稽古場へ。
マンションの廊下で箏友達の菊E峰さんとバッタリ。
まさか私の前が菊E峰さんとは・・
それならまっすぐ稽古場に行けばよかった。
他の人のお稽古ってどんな感じなのか興味あります!
廊下で1分ほどお話できました。
LINEはたまにしていますが、お会いしたのは、3月のランチ以来です。。


本日のお稽古も歌重視。

三絃:青い地球
家で練習する時は、まず前回の稽古曲「すり鉢」で発声ウォーミングアップ。
手と歌の旋律が違うところは、チューナーで歌の音程が正しいか確認。

お稽古では、一緒に三絃を弾いたのち、箏と合奏。
師匠が主旋律の歌、私がハモりパート。つられずに歌えている。
次回、菊の寿


胡弓:青い地球
また2の糸切れてた(というより外されていた)
いつもは師匠が付けてくれるが、今日は糸を渡されて自分ですることに。

家の駒は初心者にも優しい、転倒防止の足がついているタイプ。
DSC_0222

稽古場の駒は足がない、薄い板のタイプ。
糸をしめるとしょっちゅう倒してしまう・・・
「コマが皮に対して90度になっているかよく確認すること!」
「糸をしめているとき、駒が引っぱられてナナメに倒れてくるから、糸巻きを回している時は右手でコマを押えておくこと!」
足のない駒は調絃の時は慎重に行わないといけない。

「前の稽古でも歌ってたけど、胡弓で歌えそうか?」
「歌を付けて練習は頑張ってみましたが・・・難しいです

三絃と異なり、慣れない胡弓で歌を付けるのは大変難しい。
歌と手がほとんど違う。

例えば、胡弓が5(G)で、歌が8#(B)の時、両方とも正確な音が出ているのか、どちらかがズレているのか?よく分からない。
また、胡弓が5(G)で、歌が高ツボの1のような時は、胡弓のツボが高くなりやすい。
5がズレると、6,7のツボもズレていく。
それに、胡弓は少しでも強くツボを押えたり、弓の力加減によっても音程が高くなったりする。

お稽古ではツボまたは歌がズレやすいところを指摘いただいた。
「ここまでやってきたから、歌を付けて頑張ってみましょう」
少しでも正しい音程で弾き歌いできるよう研究。


箏:夢はマーチにのって(2箏)
楽譜の表記速度で弾けるよう、メトロノームで練習。
この曲はクラシックの行進曲メドレーで、「海のマーチ」以外はピアノで弾いたことがある曲ばかり。
弾いていて楽しいのですが、最初の「軍隊行進曲(シューベルト)」はなかなか完璧には弾けず苦労しました。
一音たりともカスらずミスらず転ばず弾けたことはあまりない。
しかし、必ず原因があります。
ミスった時、空振りしたとき、中指で引っぱって最後の音に雑音が入った時など、すぐに止まって原因追及。
角度なのか手首の高さなのか、どの絃で支えるのか、いつ押えを離すのか・・
何度か弾いてみて、心がけることを楽譜に書き込む!
間違いやすいところは赤鉛筆でマル!
私の楽譜はすぐにぼろぼろになります

お稽古では2回弾いて終了。
次回、菊の寿


自分の練習、生徒さんのレッスンは楽しいのですが、日々の生活に精一杯でそれ以外を精力的に行うという気力もなく、出かけるのも億劫。

今まで会えるのが当たり前だった先輩後輩がいなくなり、さらに体調不良で不参加のる方も・・
私のモチベーションの低下はコロナの影響もあるけど、長年一緒だった人がいないのも大きい。
次回はリハーサル。1日頑張れるかしら・・・
峰の会の曲も、控えめに。目立たずひっそりと楽しみたいと思います。

レッスン予約がより便利になりました。

生徒さん専用ページ(非公開)の「レッスン予約」がより使いやすくなりました。

今までは・・時間の枠が決まっていました。

例:90分レッスンの場合
コメント 2020-09-07 202650

10:00~11:30
11:30~13:00
13:00~14:30
14:30~16:00
16:00~17:30
17:30~19:00

たとえ前後が空いていたとしても、これ以外の時間からは予約することができませんでした。
もし、15:00から予約したい場合は、一旦14:30~を選択し、メッセージ欄に「15:00からお願いします」と入力してもらい、私がPCよりGoogleカレンダーの時間調整をしていました。
例:※実在しない人物です
コメント 2020-09-07 201914


6月頃に「30分単位で時間を選べるようにしてほしい」と要望をリクエストしたところ、
「近日中に実装予定です」との回答をいただき、
ついに変更できるようになりました!


管理画面に「何分ごとに日程候補を提示するか」の項目の追加有り
コメント 2020-09-07 202721


これで30分スタートのレッスン予約も可能に。

コメント 2020-09-07 200439


また、新機能として、Zoom連携機能が追加されたようです。
(予約と同時にZoomミーティングのURLを予約完了メールに記載)
通常レッスン予約にはZoomのURLを発行しないように設定していますので、
オンラインレッスンご希望の方は一番下のボタンよりご予約ください。

コメント 2020-09-07 203428
zoomでのオンライン(レッスン、ご相談、会議)予約用
45分まで。
レッスン以外(相談・ミーティング)は無料です。




最近、三味線の体験レッスンのお申込が連日続いています。
今日も男性からお申込が来ました。
ほとんどが「津軽三味線を弾きたい方」でお断りさせていただいています。

せっかくお申込いただいたのですが、習ってから「コレじゃない」となる前に・・

私のホームページにも「津軽や民謡ではございません」と記載していますが、
ご本人は三味線に色々な種類があることを知らないご様子。

「地歌でも構わない」「地歌に目覚めた」という可能性もあるので、一応、地歌三味線のYoutubeのリンクを貼って確認メールを送りますが、やはりイメージと違うらしい。
みなさんキャンセルか返信なしです。
やっぱり、津軽と比べたら地味ですよね・・
和楽器バンドの影響でしょうか・・

6年目/体験レッスン

朝イチ、10時からのレッスンまでに前髪カットへ

行きつけの近所の美容院では、
前髪カットのあと、軽く巻き髪アレンジをしてくれます。

オサレ
DSC_1242-20200905
簡単らしいですが、不器用な私がやるとコナレ感が出ない。

朝イチは今月から三絃6年目の生徒さん
1年半前から歌の勉強を始め、探究心を深めるため、今年6月からは月1回箏のお稽古も始めました。
地歌の奥深さにハマっておられます。

お稽古を6年続けられたのは、
「先生が私に合わせて、段階を踏んで課題曲を選んでくれるから
だそうです。
また、曲の選択が「絶妙!」らしいです
私のお稽古が合っているようです。
嬉しいな

先月、箏レッスンのとき、私が中指と人差指を鍛えるトレーニングをオススメしていました。

今月の箏レッスンでトレーニングのことが書かれている「箏のエチュード」の本を教えてあげよう・・と思っていたら、
先月のレッスン時に私の横に置かれていた「箏のエチュード」を見逃さなかった・・
すでにAmazonで購入して熟読中とのこと。
この日も電車で指のストレッチをしてきたとお話されていました。
とっても研究熱心

午前のレッスン後、自分の練習。
うに師匠に聴いていただく。
DSC_1244-20200905

午後からはお三味線の体験レッスン


私のホームページを読んで楽器&私のお稽古に興味を持ち、
入会を検討中の方対象に体験レッスンを行っています。
ホームページ内の「体験レッスンお申込フォーム」より必要事項をご記入の上、送信いただきます。

質問の中に、「きっかけ」の項目があります。
最近はYoutubeの和楽器演奏を見て興味を持つ方も増えました。
それと同時に、入力内容から「地歌三味線以外を希望されているのでは?」と思う方も。
特に、津軽三味線を習うほうが良さそうな方が多いです。

そんな時は・・
体験レッスンの日時を相談する前に、ざっくりとこんなお返事をします。
三味線には「津軽」「民謡」「地歌」「小唄」「長唄」など色々なジャンルがあり、それによって棹の太さ、撥の大きさ、弾き方、楽譜の書き方、音色など異なる説明をし、
その希望曲は○○三味線のほうが向いています。
当教室は地歌三味線でこのような曲を弾きます。
それでもよろしければ・・お返事ください。

先日も体験レッスンに申し込んだ学生さんにメールしましたが、返信がありませんでした
自分に合った教室を探し直されたのだろう、と思います。



そして今日の体験レッスンの方は「舞妓さん志望」の中学生。
すでに将来のことを考えている。
とても礼儀正しくしっかりした方でした。

舞妓さんのお三味線って詳しくないですが、
小唄や長唄ではないのだろうか?
撥も小さい気がする。
もし私のところで地歌を習っても、中学を卒業して修行に入った時、通用するか分からない。
その説明もした上で「それでもいいです!三味線を習いたくて体験レッスンを申し込みました」ということでお母様とお越しいただきました。
初めての憧れのお三味線を弾くことができて、とても嬉しそうでした。
夢に向かって良い経験になれば、と思います。

DSC_1245-20200905

「駅での待ち合わせ時、初対面なので目印があれば教えてください」とご連絡いただいたので、
「ピンクの和柄のうさぎバッグ」とピンクのマスクで目立つように参上しました。

Zoomで先輩と会いました

ブログをいつも読んで下さっている部活の先輩。
食パン好きという共通点も!
一緒に神戸のおいしいパン屋さんかカフェに行く約束をしていましたが、コロナの影響で一向に会えずじまい。

しょんぼり・・

7月末頃
「もしかしてzoom使えば、まゆみちゃんと会えるのではと思いついたんだけど
のりP先輩からご提案。

パン屋には行けないけど、お話したい!
もちろんOK

2人の小学生を持つお母さん。子育てに大忙し。
夏休みが終わって落ち着いたらまた連絡するね
ということで・・

ついに本日「オンライン会実現」

ちょくちょく、LINEでブログの感想や食パン情報などいただいていましたが
お顔を見てお話するのは、昨年11月のぷち同窓会以来



大学の頃と話し方や雰囲気が全然変わってないキュートな先輩

20200903

子供さんが学校に行っている間に・・
午前11時~約40分ほどお話しました。

20200903-2

私が話しやすいようにうまく話を引き出して下さり、あっという間に45分経過。
お稽古のこと、うさぎ雑貨のこと、楽器に対する姿勢、食パンのこと、バルミューダスチームトースターの性能、などなど。


IMG_20200903_114640

私は、何をするにもPCの方が慣れているのでZoomもPCで。
Webカメラは「ivcam」というアプリを使用。
途中、三脚とスマホを持って部屋を移動。
うにとオンライン上で対面。
そしてレッスン室をご案内。
「あ~っ!ブログで見たことのある風景や~!」

意外と簡単。そして映像が乱れることなく鮮明。
のりP先輩、お声がけいただきありがとうございました。

昨年のようにぷち同窓会はできないけど・・
オンライン同窓会ならできるよ!

迷いますね~

昨日は、箏購入希望の生徒さんに3面の中から1面を選んでいただきました。

数日前から箏を預かっているので、生徒さんが来るまでに私自身、試し弾き。


口前サックを外して口前の装飾はあるのか?どんな装飾か?
箏を裏返したり、琴柱を動かしてみたり・・
すみずみチェック。
(生徒さんはそこまでチェックしないと思うので・・)

それぞれの特徴(私目線での長所短所)も把握。
ワンルームにお住まいなので、防音対策、消音での練習方法のアドバイスもしよう・・
生徒さんが試し弾きをしたときに、色々説明できるよう心づもり。


生徒さんにとっては大きなお買い物。
納得のいくものを購入してもらいたい。

DSC_1237-20200902

生徒さんによっては、
「一番安いので良いです」と現物を見ずに決める方、
「予算内で先生にお任せします~」と言う方、
絶対この中から選ばないといけない訳でもないので、色々なものを試し弾きして「コレだ!」と思えるまで何度か見送る方、色々いらっしゃいますが
だいたいの方は、レッスン時間内にいくつか試し弾きをして1回で決めています。

私は営業マンでもなく、ノルマがあるわけでもなく、売ったからといって報酬があるわけでもないので、あくまでも中立の立場で。
生徒さんよりは多少の経験もあるのでアドバイスもできる。
1人では不安な生徒さんの付き添いのような感じでおります。

DSC_1238-20200902

8月から箏を始めた生徒さん。
高校では2年部活経験ありですが、ほぼ初心者さん。
一からのスタートです。
しかも、生徒初・うさ飼いさん。
うさ飼いさんに会えるとは・・ウレシイ

当教室は、箏だけでなく、うさぎについてのアドバイスも行える教室です

レッスン時間ギリギリまで真剣に悩んで迷って・・

2面には絞れたけど、どっちも捨てがたい・・
「先生はどちらがイイと思いますか?」ということで
最終的には私の好みのほうを選ばせていただきました

「思っていた以上に時間がかかってしまってすいません」とおっしゃっていましたが、
真剣に熟考の上で決めた分、愛着もさらにわくと思います。

大切に長く使っていただきたいです

8/31 お稽古日記

まだ8月ですが、9月1回目のお稽古。

午前は先生としてBさんの三絃レッスン、午後は生徒として久宝寺へ。
14時半に家を出たら照り返す太陽。
直射日光と息苦しい熱風。
生徒さんたちはこんな暑い中、大変な思いでウチまで来てくれてるんだなぁ、と感謝。
私は日中はほとんど家にいるので、片道約40~50分の稽古場に行くだけでも精一杯。
ぐったり。

稽古場では、先日購入したマスク「シャベール」を着用してみました。



三絃:「れん木」「せっかい」
「れん木」は本調子ですが、すり鉢、せっかいと合奏するときは黄鐘(ADA)に下げます。
とても低い。
家では通常の壱越(DGD)で歌の高音の発声練習をし、そのあと黄鐘で低音を出す練習をしました。
「せっかい」は六下がり(DGA)ちょっと歌が付けにくい曲です。
いずれもまずは師匠と一緒に弾いて、すり鉢と合奏。
時々同じような歌詞になったり、同じ音程になったりしつつ、別の曲を弾いています。
こんな曲もあるんだなぁ~ということで終了。
次回は青い地球。



胡弓:「青い地球」「月の旋律」
最近、毎回お稽古場の胡弓を開けたら糸が切れている。
今日も二の糸が切れていた。
この季節、切れやすい・・・。
「合奏するから、コッチを使って。」と師匠の大切な胡弓を貸していただきました。
それだけで緊張。

青い地球は手だけで弾くと難しくないのですが、手と違う旋律を歌おうとすると一気に難しくなる。
しかも、他のパートともメロディが違うのでツボが合っているのかズレているのか分からない。
(単に私の経験不足です)

その対策として、
おうちで1箏、2箏、17絃、歌2パートをそれぞれ重ね録り。
合奏バージョン(すべて演奏者わたくし)を聴きながら練習をしてきました。

「Audacity」という無料の音声編集ソフトを初めて使ってみた!
1箏を聴きながら2箏を録音・・と順番に重ねる。
箏の前にはマイク、PCから流れる音をヘッドホンで聴きながら録音。
DSC_1220-20200831

自分で楽しむ分としては十分。
出だしのタイミングとか編集できるのでなかなか良いです!
PCMレコーダーにも重ね録り機能はありますが、ピタッと合わせることができなかったので・・
もっと早くからこちらを使えば良かった。
※公開はできませんが、生徒さん専用ページでは聴くことができます。

箏と通しで合奏。「8#」のツボに注意。

月の旋律は復習として三絃と合奏。
三絃と通しで合奏。こちらも「8#」のツボに注意。
合っているが、若干低いときがある!

いずれも峰の会の曲のため、しばらくこの曲をお稽古曲に。



箏:「すり鉢」
十七絃:「青い地球」

すり鉢は短い曲なので、1回で三絃と合奏して終了。
青い地球も1回で箏と合奏。

ハモりの歌は主旋律につられそうになるのでいつも苦心しています。
手も違う音程で、自分の歌のキーが合っているのか分からなくなります・・
コーラスは苦手です
次回は「夢はマーチにのって」2箏

今日は三絃、胡弓、箏、全部歌付きでしたが、口の中がこもらず歌いやすかったです。
家に帰り、ある方から買い取った三絃の調整。
ちょっと修理が必要ですが、レッスンで活用しようと思います。
DSC_1236-20200831

今度はお箏えらび

先日は、8月から三絃のお稽古を始めた生徒さんの三味線選びをしました



今日は箏のお稽古を始めた生徒さん。
DSC_1219-20200827

ご予算内に収まるお手頃な3面。

生田の箏なので、少し形が違います。
龍尾がまっすぐ角張っている。
少し短い。
DSC_1217-20200827

龍角部分
赤い紐(枕芯)
DSC_1218-20200827

一番左は私の山田流式(182cm)
左から2・3番目は生田流式(177cm)
一番右も生田流式で短箏(168cm)

※現在作られている箏のほとんどが山田流式の182cm。
流派関係なく山田流の箏を使用しています。
生田流式でも絃の幅は変わらないので弾いていて違和感ありません。
おうちでの練習用として使うので、気にしなくて大丈夫です。

おばあちゃんの箏を修理して使っている生徒さんのほとんどは生田流式のようです。
箏の裏の音穴が鍵穴の形なら生田の箏です。

生徒さんが来るまでに試し弾き。
柱がスムーズに動くか、引っかかりはないか、弾きやすさ、音の響き、弾いた後どの程度音が狂うか、
色々とチェック。
同じような価格帯でも箏それぞれに個性が出ますね。

情報通の生徒さん

情報通のMRさん。
うさぎ派でも、日頃からうさぎネタを検索してる訳でもないのに、ネットで偶然見つけることが多いそうです。

うさぎ情報(催し物、動画、お店など)を見つけたら
「これは先生に教えてあげなくては!!」とスイッチが入り、メール送信
いつも情報提供ありがとうございます
今回は・・
たまたまネットで見つけたのですが、大阪中崎町に最近「兎の杜」というプリン専門店ができたのご存じですか?
(HPはなくFB、ツイッター、インスタのみのようです)
スタッフ全員ウサギが大好きで店内はウサギグッズでいっぱいだそうです。
イートインもテイクアウトもあるそうで、私も近いうち行ってみようかなと思っています(私はどちらかというとプリン目当てですが…😒)

早速、Twitterとインスタを覗いてみました。
あらまぁ、うさぎさんがいっぱい。
写真を眺めているだけでも癒やされます。


プリンもおいしそう~。
是非、行ってみたいと思います。

過去の写真も見ていたら・・何やら見覚えが。


うちの玄関のマットと同じ

DSC_1215-20200826

生徒さんの中には、「可愛いくてマットの上で靴を脱ぐのがもったいなくて・・」と言ってマット以外のところで靴を置かれる方も。
靴についたお外の土を取るために敷いているので、遠慮なくご利用ください

裏側/生徒さんからの質問・服装編

先日、生徒さん向けに動画を作っていたら・・



私のお手製図解入りマニュアルを見ながら調絃の練習。
マニュアルの補助的な動画
※うにも友情出演中


うに目当てで写真を撮りに来た相方サンにいつのまにか激写されてました(笑)

こちらが撮影の裏側です。
P8221103-20200825


P8221104-20200825

ところで先日、正座でお稽古をしている箏の生徒さんから
「服によって足がしびれやすいとかってあるんですか??」
それはあるかも

正座をしたときに太ももや膝が窮屈でないゆったりとした服が良いです。
私がレッスンの時に選んでいる服は
オシャレよりラクな素材。
のびてもしわになっても良い服。
ストレッチ性、吸汗性、速乾性を優先。
しめつけず・・

あとは敏感肌ではないのですが、ストレスからか蒸れたり乾燥したり、ゴムが皮膚に触れたり、ちょっとした刺激で急にあちこち皮膚がかゆくなります。歳なのかしら・・
それの防止として、刺激を与えない、チクチクしない素材。
蒸れるのでストッキングも家では履かないようにしています。
一人での練習時はユニクロのルームウェアとか、さらにゆるゆるな服です。

駆け回る

今日は11時~中2Mちゃん、11時半~Oさん。
うにが大好きな2人のお姉ちゃんが続けて来る。
Mちゃんが来る5分前になると、レッスン室に行きたがるうに。
Mちゃんを玄関でお出迎えし、Mちゃんと一緒にレッスン室に入る。
靴下をクンクンして確認したあとは、はしゃぐことなく、Mちゃんの一生懸命な演奏をゴロンと寝ながら聴いています。

完全にくつろいでおります・・
こんな感じで寝ていました。
※参考写真
DSC_1211-20200823

峰の会で演奏する「桜色香」を復習。
中止となった春の演奏会では、一部、Mちゃんが弾きやすいようアレンジ。
二七二七三八八のように、中指を使うところを前回は親指で七七七七八八八と弾いていました。



今回は楽譜通り弾けるようチャレンジ!
レッスンの成果をOさんに披露。
尊敬するOお姉さんが見守る中、緊張しながらも一生懸命頑張りました。
うにも一緒に聴いています。
DSC_1207-20200823

Mちゃんが帰った後、今度はOさんのレッスンに大喜びのうに。

ますますテンションが上がり、廊下~レッスン室を何周もダッシュ!
大運動会開催。

彩花物語の暗譜に集中している真剣なOさん。
それを聴いている私。
その外周をダダダダーッと走るうに。
端から見たらシュールな光景です(笑)
(5分ほどダッシュしたのち、無事リビングに帰って行きました

7月に2.1キロ→1.85キロまでダイエット。
去勢前の体重に戻り、身軽になったのがウレシイのかもしれません。



午後からちょっと買い物。
お目当てのものをゲット!

ニトリのクッション
DSC_1212-20200823

欲張って2個買ってしまった
かわいい~!

※両端もニトリのクッション(カバー)
少しずつウサグッズが増えてます
DSC_1213-20200823

クッションの使い道
うにが入ってはいけない通路を塞ぐために活用
DSC_1214-20200823

帰宅後のおやつ。
お三味線を購入した生徒さんから昨日いただいた羊羹!
DSC_1205-20200823
「のどごし一番本生羊羹」

なめらかな口溶けで優しい甘さ。
DSC_1209-20200823


この時、横で寝ていたうにが先ほどの写真です。
DSC_1211-20200823
おなか真っ白。リラックマ

便利グッズ/生徒さん用に調絃の動画を作ったら・・

イイの見つけた!

「エチケットマスク シャベール」

ベールのようにあごが開いているので歌っても苦しくないし、蒸れない!
スポーツジムなどでも使われているようです。
お稽古に行くときはこれを着用して全力で歌いたいと思います

今日のレッスンで着用。
DSC_1196-20200822

朝イチ、生徒さんと一緒に八重霞を歌いましたが、だいぶラクでした。

午後は初心者さんたちの箏 or 三絃レッスン。

8月から三味線を始めた生徒さん、早速Myお三味線をおうちに持って帰りました。
DSC_1193-20200822

私のお手製図解入りマニュアルを見ながら調絃の練習。
お三味線は最初の調絃が難関・・・・
少しでもたくさん演奏するには、スピーディな調絃が必要不可欠。
マニュアルの補助として動画があったほうが分かりやすいかな??と
生徒さん用として動画も作ってみました。



おやおや・・
動画の途中で飛び入り参加者が・・

ヒント
DSC_1204-20200822

三味線えらび

8月からお稽古を始めた生徒さん。
 
「おうちで復習しないとお稽古で習ったことを忘れるので、楽器が欲しいです
1回目のレッスンのあと、早速楽器購入のご相談。

本格的な楽器・良い音色で練習したほうが音感も養われることは理解しています・・

ただ、私のところに習いに来る未経験の生徒さんは、
「趣味で」「手軽に」「マイペースに」「おうちで楽しみたい」方。
お免状を取りたい、演奏会に出ることは求められていません。

そして、三絃は調絃に時間がかかる。
構えが安定するのにも時間を要する。

不慣れな状態で調絃をして象牙の糸巻きが折れる可能性もある。
楽器が重いと途中で挫折したり、楽器をケースから出すのが億劫になる可能性もある。
生徒さん自身もご予算は楽器とハードケース込みで5万円~10万円という方が多い。

同時に中古のべっ甲撥を購入する方もいますが、中古でも3万以上するので、「今の私にはもったいない」「とりあえずプラ撥で良いです」と遠慮される方が多いです。

それらを踏まえ、最初はお手頃な価格で、手軽に扱える花梨の中古でも十分だと思っています。
生徒さんが希望しないものは勧めません。

演奏会に出たい、もうちょっと良い楽器が欲しくなったらその時に考えたら良いです!

このご時世、数万円の出費は厳しい・・
あまりお金をかけたくない・・
でも長く続けられる和の趣味をしたい・・そんな方が多いです。
本当に信頼のおける生徒さんには、私が先に購入して月々2000円ご返済という形を取ったこともあります。無事、数年かけて生徒さんの楽器になりました。

どなたでも無理なく、楽しんでいただけるよう応援しています。

花梨の中古(リフォーム済み)
6万円前後を試し弾き。
DSC_1192-20200820

調絃が1人でできないとおうちで練習できないので、糸巻きがカッチリしているかも重要。
「よく分からないので、先生、決めて下さい」という生徒さんのためにじっくり試し弾き。

オプションの新品長袋、中古水牛駒、中古ハードケースを付けても予算内には収まりそうです。

こんな感じで、生徒さんと一緒にお気に入りの楽器を見つけるお手伝いをしています。
月別アーカイブ
記事検索
メールフォーム
bnr010_01
プロフィール

まゆっち

箏・三絃・胡弓の修行をしながら、演奏したり、教えたりしています。
ブログでは、自分のお稽古のことや箏三絃教室のこと、うさぎのことを書いています。
2019年11月、愛兎「モコ」を10歳直前で亡くし、2020年初めに「うに」を迎えました。
早くもミニレッキスのかわいさに目覚め、「うに」に悶絶する日々

logo

初代うさぎ
モコ
ホーランドロップ♀
2009年11月29日生まれ
2019年11月16日9歳11ヶ月でお月様へ
二代目うさぎ
うに
ミニレッキス♂
ラパンハウス北大阪店出身
2019年11月13日生まれ
2020年1月4日から家族の一員
お気に入りリンク