Mayutti Blog

箏三絃教室・自分の稽古・初代うさぎ(モコ)の成長記録ブログ。

まゆっちのぶろぐへようこそ!
箏三絃教室・自分の稽古・初代うさぎ(モコ)の成長記録ブログ。
新入りうさぎの「うに」のブログはこちら

https://mayuttiuniuni.diary.to/

膀胱炎・子宮水腫・手術

モコ通院記録・検査費用まとめ

ぼうこう炎から子宮の手術の記録は
本日で終わり!

まとめ
<通院記録・検査費用>(税抜)

頻尿・残尿・おもらしで病院へ
2月7日「モコ、ぼうこう炎 途中経過1」
 診察料・・・・・・・  500円
 尿検査・・・・・・・ 1,200円(異常なし)
 レントゲン・・・・・ 4,000円(異常なし)
 抗生剤・・・・・・・ 1,450円(ぼうこう炎の疑い)

2月28日「モコ、ぼうこう炎 一進一退」
 抗生剤・・・・・・・ 1,450円(3週間たっても治らず)

3月12日「血尿」
 診察料・・・・・・・  500円
 尿検査・・・・・・・ 1,200円(血液反応あり)
 外注検査・・・・・・ 2,700円(培養検査・感受性検査)
 抗生剤・・・・・・・ 1,020円(前回とは違う薬)

3月14日「エコー検査、原因判明」 子宮水腫の疑い
 診察料・・・・・・・  500円
 血液検査・・・・・・ 5,000円
 超音波検査・・・・・ 5,000円

3月17日「本日手術」 手術後、病理検査へ
 診察料・・・・・・・  500円
 レントゲン・・・・・ 4,000円
 麻酔料・・・・・・・10,000円
 卵巣・子宮摘出術・・15,000円
 入院料・・・・・・・ 1,000円
 酸素室・・・・・・・ 2,750円
 病理検査・・・・・・ 6,000円
(結果→子宮内膜がんあり、転移なし)

3月22日「病理検査 がん見つかる」
 感受性検査・・・・・ 2,000円(3/12の追加分)
 抗生剤・・・・・・・ 1,500円(クラビット)

3月28日「モコ、一晩限りのカラー、そして抜糸へ」
 診察料・・・・・・・  500円
 抜糸・・・・・・・・ 1,000円
 エリザベスカラー・・  600円

4月 尿検査の予定・・ 1,200円
(ぼうこう炎完治判定)

子宮疾患の予防として
もっと早くに手術しておけば
長い間、しんどい思いをしなくても済んだし、
なにより治療費も最小限に抑えられた。
(モコが元気になってくれればそれでいい

手術を迷ってる人がいたら、
うさちゃんが少しでも一緒に長く
暮らせるよう、避妊手術をしてあげて欲しいです。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、一晩限りのカラー、そして抜糸へ。

今日、動物病院で抜糸
テープ跡がちょっと赤くなって
かぶれていたので、お薬を塗ってもらい無事終了。

昨晩、おなかに貼っている保護のテープを
気にし出し、中のガーゼを引きちぎってしまい・・
モコ、いよいよ明日は抜糸の記事)

ついに、一晩限りのエリザベスカラー体験。

モコ抜糸

私たちが寝ている間だけ我慢してね

(不器用な私が慌てて貼ったゆえ、
テープの貼り方が雑なのはツッコまないで~

ケージに入るのも一苦労。
カラーが邪魔してぶつかる。
モコ抜糸

大丈夫かなぁ・・

牧草を平に置き、
トイレシーツを敷いて特別レイアウト。

でも、食欲はある。ムシャムシャ・・
モコ抜糸

ムシャムシャ・・
モコ抜糸
なかなか牧草をすくえず、イラつき気味。

どう?似合ってる?(ニヤリ)
モコ抜糸

なんなの、これ・・顔をゴシゴシできないよ
モコ抜糸
(カラーごしに顔を洗ったつもりに)

翌朝(今日)、ケージ内には
大量の盲腸便が・・。
カラーが邪魔で食べられなかったね
頑張ったね。もう、大丈夫だよ

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、いよいよ明日は抜糸

手術後、傷口を気にしなかったモコが、
昨晩からおなかの保護テープを引っ張り始めた

剃った部分に毛が生えてきて
蒸れてかゆくなってきたかな??
しきりに気にしている・・。

ちょっとテープがはがれてきた。
もうはがれてしまっても傷口は
大丈夫とは思うけど、
今晩だけ頑張って!

本日のモコ うしろ
モコ

まえ
モコ

正面(うさぎか何か分からない)
モコ

避妊手術をすると性格が変わる(穏やかになるetc)と
聞いたことがあるけど、モコは変わりナシ。

手術後、2回ほどブゥブゥ言いながら
私の足にしがみついてカクカクしてきた
モコにとってこの動作は発情じゃなかったのか!?

本当に手術したよね?まだ何かついてる?と
思うほどホルモンに左右されないモコ。

ぶれない、我が道をゆくところがモコらしい。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


手術前もおおらかなモコ

術後、驚異的な回復力を見せるモコ。
トイレ完璧、●もあちこちにまき散らさない、
本来のかしこいモコに戻ってる♪
日常生活問題ナシ。

動物病院の先生に
モコの元気な近況をお知らせ

「手術して2日で
いつもの元気なモコに戻りました。
ジャンプしたり走ったりしてます」

「おなかを縫っていることも
全く気にせずに、かゆがったりもせず、
傷口の透明テープも全くはがれず
そのまんまです」

それを聞いて先生も笑いながら
「おおらかな子ですね~」と
ビックリ。

先生「そういえば・・
手術で預けられた子はたいてい、
緊張して隅っこで固まっているんやけど、
モコちゃんは立ち上がってキョロキョロしたり、
回りを観察したり、とても好奇心旺盛で・・
リラックスしてましたよ。

先生「手術後、おなかを気にしないというのも
珍しいですね~。
ほんと、おおらかな子ですね

(おおらか、というか図太いというか・・

モコの半日入院中のエピソードを
先生から聞いて、改めて
モコの大物ぶりを再確認。

手術前もしっかりと食欲があり、
リラックスしていたから
術後の回復も早いのかな??

本日のモコ:
「スリスリ」においつけ
モコ

「えっ、なに?」
モコ

おめめキラキラ 目ヂカラ
モコ

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

4月の土日は4~5月の演奏会の
合奏練習や本番が続きます。
4月20日八尾三曲で「松の寿」「富貴」の三絃を、
4月27日邦楽さろんで「新月」の十七絃、「魁」のⅡ箏を
演奏させていただきます♪
私も頑張ります


モコ、病理検査 がん見つかる

朝に動物病院の先生からTEL。
追加の感受性検査結果と病理検査結果

感受性検査

モコの尿より検出された
腸球菌(エンテロコッカス)の菌名は
Enterococcus sp(グラム陽性球菌)の2+(菌の多さ)
1回目の検査の4種類の薬は適合せず、(R:感受性なし)
2回目は感受性ありと出た。(S:感受性あり)
モコに合う抗生剤が見つかった!

処方された「LVFX」について調べると・・
レボフロキサシン、薬の名前は「クラビット
クラビットといえば、点眼液が真っ先に頭に浮かぶけど、
錠剤もあるのか~。
※うさぎは錠剤を砕いて少量に分包

そして・・
手術で卵巣と子宮を取り出したら、
左の子宮は水腫だったが、
右の子宮は固く弾力があり、
分厚くなっている。

これが、単なる炎症か?、
子宮の腫瘍なのか?の病理検査の結果・・

子宮内膜ガン
粘膜に腫瘍が見つかった。
筋肉にガンが入ってきているが、
血管に腫瘍は入ってきておらず、
すべて取り切れているので心配はない、とのこと(ほっ。。)

さらに、卵巣は中皮腫の疑いありだが、
こちらも切除しているため、問題なし。

手術前の血液検査でも
赤血球・白血球ともに正常だったし、
手遅れになる前に子宮と卵巣を
取ることができて、本当に良かった。
転移してたら・・と思うとゾッとする。

日頃からの私たちの観察、
先生の的確な判断、処置のおかげで
モコを長生きさせてあげることができた。

早期発見、早期治療できたとはいえ、
私たちが避妊手術を早くしておけば
子宮水腫や子宮内膜ガンにもならず、、
子宮疾患から来たと思われる、ぼうこう炎に
モコも1ヶ月以上も苦しまなくて済んだ。
深く、深く反省。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、術後 4日目

モコ、術後4日目。(子宮水腫のため摘出手術

術後1日目よりトイレ成功率100%
昨日まで一応ケージ全面に
ペットシーツを敷いていたけど、撤去。
その後もおもらしゼロ。

モコ

ぼうこうに病原菌が見つかっていないことから
やはり、うまく排尿できなかったのは、
子宮水腫が原因か?


お水を飲む量も少しずつ増え、
今日はよく飲んでる。

●も大きくまん丸に。
食欲は手術前、後と変わらずモリモリ。

患部のテープも外れていない。
というより、モコは全く気にしていないもよう。
たまに、毛繕いの延長でおなかをなめる程度。
(それより、ニンジンのほうが大事らしい。)

「おなかを気にしてる・・」と思えば
盲腸便を食べてるだけだった

痛み、かゆみを感じていないのか?
おなかを見れば痛々しい傷跡があるので
確かに手術はしてる

1週間前の心配はどこへやら・・。
本当に手術して良かった。


昨日の夕方、リビングで三味線を練習していたら、
「ごはんまだか~」と言わんばかりに
私の左の太ももに乗ってアピールしてきた。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコの培養検査

昨晩、手術して初めて
足を伸ばして横にゴローンとくつろぐモコ。
日々の回復の早さにびっくり。

モコ

昨日、動物病院の先生から
「モコちゃん、あれからどうですか?」と
TELあり。

私「手術から帰ってすぐ牧草を食べて、
翌日からペレットも完食して、
手術したのかわからないほど
元気です~

先生、「あらあら~」と苦笑。

培養検査については、
長文のため、
この記事の一番下「Read More」を
クリックすると開きます。


こちらの心配をよそに、
チョロチョロしているモコ
モコ

そのほかの不安な点を
先生に質問。

--------------------

私 :便が小さく、形がふぞろい

先生:麻酔の影響。

しっかり食べて、
処方されている「腸を動かす薬」を
飲んで治すしかない。
食欲がしっかりあるなら、
徐々に●も大きくなるだろう。

--------------------

私 :お水をあまり飲まない

先生:点滴をしているので
足りていると思われる。
急に大量に飲んでいた方が異常だったのかも。

--------------------

先生:カラーは?

私 :傷口を気にしていないので
今のところ付けていない。
つけることでストレスになって
食欲が落ちるのが心配で・・

先生:治りかけるとかゆくなることもある。
傷口をなめていないか、
テープを外していないかよく観察を。

---------------------

先生のお話をいろいろ聞いて
内容をネットで調べながら
忘れないようにブログに記録。

完治するまでちょっとした変化も
見逃さないようにしないとね!

いろいろ勉強になるなぁ。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む

モコ、術後 2日目

モコ、術後2日目。(子宮水腫のため摘出手術

ケージ全面にペットシーツ
モコ

術後、お水を飲む量が激減。
昨日もシーツにもらしていたが、
昨晩よりトイレ成功率ほぼ100%

ぼうこう炎も快方に向かっているといいのだけど・・
(再発を繰り返しているので油断はできない)


食い意地は術前と変わりなし。
今朝は「ごはんまだかー!」とお怒り(笑)
元気なのはエエこっちゃー。

モコ

手術当日はさすがに小食で、
ログハウスにこもっていたけど、
翌日から普通に生活。
手術をしてきたのか分からないほど

モコも忘れてるのか、
高いところ(イス)に乗り降りしている。

モコ

この回復力には私たちもビックリ。
でも、ちょっと小さくなった気が・・。
これぐらいでいいのかな?

モコ

ペレットも完食、牧草もおかわり。
ニンジンもおねだり。しっかり食べて、
この調子で

モコ


なでなでおねだりポーズ

モコ


応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、手術成功!しかし・・

昨日、モコの子宮と卵巣摘出手術は
無事、成功!!!

16:00前、先生から
手術は無事、終わりましたよ!との電話が

「足もとがまだふらふらしているので、
17:00ごろ迎えに来て下さい」

あ~、良かった

「ただ、心配な点があります」と先生が・・。

うさぎの子宮はうさぎさんの耳のように
左右二つに分かれていて、


左側はエコーで見たとおり、(3/14の記事
水がたまって大きくなっていた。

右側は水がないものの、子宮の壁が固く弾力があり、
分厚くなっている。
これが、単なる炎症なのか、
子宮の腫瘍なのか
病理検査に出してみても
良いか?とのこと。

何なのか気になる。
白黒はっきりつけて安心したい。

膀胱は触ったところ、粘膜が分厚く、
炎症を起こしているもよう。
ひき続き、抗生剤を飲む。
培養検査の結果はまだなので、
今もらっている抗生剤で飲む)

モコ
↑帰宅してすぐのモコ。
毛並みはボサボサだけど
思ってたより元気そうでよかった。
手術中もしっかり呼吸をして頑張ってくれた
そうです!!

モコ
↑モコの隠れ家、
ダイニングテーブルの椅子に
自らジャーンプ(こちらがヒヤヒヤ
1日ほど何も食べなくても大丈夫なように
点滴をしてもらっているため、
たぷたぷのおなか。
我々の心配をよそに、帰宅後すぐにニンジン食べた。


モコ
↑プラスチック製と布製のエリザベスカラー。
今のところ、モコは傷口をなめたりしていない。

ちょっとのストレスでも
食欲や腸の動きが落ちて命取りになる。
傷口をしっかりテーピング?してもらってるようで、
カラーを付けなくても大丈夫っぽい。

モコ
↑手術後、夜8時頃。
毛づやもよくなってきた

たくさん食べてたくさん●を生産して
体力を付けて抜糸(3/28)までがんばろう!
病理検査も炎症でありますように・・。

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、本日手術

今日は、子宮と卵巣摘出手術の日。
(これまでの詳細はこちら

以前から避妊手術を勧められていたが
いろいろと抵抗があり、
決断できず先延ばしにしていた。

しかし、長引くぼうこう炎の
エコー検査の結果、子宮水腫が発覚し、
食欲旺盛、元気もある今の内に
手術をしようと夫婦で決断。
もう4歳。今を逃したら後悔する。

ちょうど演奏会が終わり、
4月までは一段落。
今週はお稽古もない。
術後もしっかりとケアできる。
しっかり者のモコがこの日になるように
導いてくれたかのようだ。

朝 いつもどおりペレット完食。
食欲旺盛。●も正常。
※うさぎは吐かないので絶食しない。
※逆に腸を動かしていないといけない。

手術のことを知らず、いつもどおり
元気に過ごしているモコを見るとつらい。

出かける直前のモコ
モコ

10:30 病院へ。
問診後、モコを預ける。
体重1.7キロ。
入院治療依頼書を記入。

先週の金曜に血液検査をしているため、
今日はレントゲンだけ。

その後、酸素室に入り、
酸素状態にしてから手術をする。

※うさぎは気管が狭く、
管を通して人工呼吸をすることが
難しいため、麻酔のガスマスクをして、
うさぎの呼吸を頼りに手術を行う。

13:30頃から手術

手術後、再び酸素室へ
おちついてからお迎え(16:00ごろ)

現在、AM11時30分。
夕方まで長い・・。

もう、モコはいないのに、
ケージをチラチラ見る癖が・・。
牧草を食べる音が聞こえそうな気がして。。
空っぽのケージ。
さみしいなぁ

お天気もいいので
ケージをきれいに洗って
モコの帰りを待とう

モコは信頼するやさしい先生と動物看護師さんに
任せたから大丈夫

といいながらも、神経質なモコが心配
複雑な気分。

モコ、元気で帰ってきてや~

モコ
(3月15日、四つん這いの私の背中に飛び乗り、
得意げなモコ

※続き(手術後)はこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、エコー検査、原因判明!

ぼうこう炎の症状が抗生剤を飲んでも
なかなか治らず、気長に様子を見ていたが、

水曜に血尿が出て、原因究明のため
今日はエコー検査へ。(これまでの詳細はこちら

水曜以降も時々血尿が出ている。
おもらしも続いている(特に夜)
食欲も元気もあり、水を飲む量も多い。
おやつも制限し、運動もさせているのに
本日の測定では1.7キロ!(増えている)

これは・・脂肪ではなく、何かたまっている?

膀胱と子宮をすみずみまでエコーで
見てもらった結果、

子宮に水がたまっている
ことが判明。

子宮にたまった水の中身が「膿」なのか、「血」なのか、
「水」なのかを調べるため、血液検査へ。

膿ならば、白血球の数値がものすごく高い。
→「子宮蓄膿症」

血ならば、貧血の数値でわかる。
→「子宮血腫」

血液の数値が正常ならば
→「子宮水腫」

子宮蓄膿症、子宮血腫なら食欲・元気がなくなる。
子宮血腫は出血することもある。

モコの血液検査の結果は、
・白血球も正常(むしろ赤血球が多いくらい)
・貧血もなく、肝臓などの臓器の数値も正常。

モコは異常出血もなく、血液検査も正常。
元気があることから、子宮水腫と考えられる。

子宮が膀胱を圧迫することにより、
思うようにおしっこが出ず、尿がたまり、
菌が繁殖→膀胱炎を繰り返していると思われる。

蓄膿症、血腫と比べると水腫は
緊急度は低いが、自然に小さくなることはない。
放置しておくと破裂したり、膀胱以外の他の臓器に
悪影響を及ぼす恐れもあるので、
卵巣子宮摘出手術(避妊手術)を行ってあげたほうが
良いとの診断。

病院の先生からは以前からうさぎの避妊手術を
勧められていたが、抵抗があって4年が経ってしまった。
やはり、早くからしてあげるべきだったのか。

でも、まだ手遅れではない。手術できる年齢。
モコには長生きしてもらいたいから
今後の子宮の病気も考え、元気のあるうちに・・と
即決で手術をお願いした。

膀胱に石がある、と予想していたが、
まさかまさかの子宮が原因だったとは。

(今年に入ってから、私の足にムラムラしなく
なったり、おなかぽっちゃりなのは
そのせいだったのか)

来週の月曜日にオペの予約。

しっかり食べて(その心配はなさそうだが
手術に備えよう!がんばろう、モコ。
もこ

部屋んぽトイレまわり対策:
じゅうたんの上に拭きやすいキッチンマットを敷き、
3回分吸収の犬用トイレシーツ
もこ


私は明日、演奏会。目の前の決められたことを
きちっと頑張ります

※手術の記事はこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、血尿

抗生剤を飲んで経過観察中のモコ。(→ぼうこう炎 途中経過1参照)
先週末はおもらしもなく、調子が良かったが、
また今週から逆戻り
薬が効いていない??

昨日、別室での練習を終えてリビングに戻り、
たまたまトイレでがんばっている
モコを見かけて、背中をなでなでしていたら、

血が出た

血尿は初めて。

時計を見たら、診療時間あと50分。
翌日は休診。
大慌てで病院へTEL

「尿検査をするので今から持ってきて下さい」と
言われ、採尿して病院へ。(徒歩5分)

モコの異変にすぐ気づき、対処することができて
よかった。

モコ尿検査

潜血反応と結晶成分(シュウ酸Ca)が認められる

現在処方している抗生剤に耐性の菌が
生じている可能性もある
ため、
外部の検査機関に『培養検査』を依頼。
(尿に何の菌があり、どの抗生剤なら効くのか調べる)

検査結果は1週間ほどかかり、
今の抗生剤は効いていないので
とりあえず別のお薬をもらってきた。

膀胱内に持続的に膀胱を刺激するもの
(腫瘍やX線に写らない結石)
がないか、子宮に異常はないか
『エコー検査』をすることに。

今まで、うっ滞を頻繁に起こしていたモコが
今年に入ってから
水もよく飲み(今まではあまり飲まなかったのが
2~3倍は飲む)、ペレットも一気に完食、
牧草もよく食べる。●も大きくまん丸。
発情?順位付け?のマウンティングもしなくなり
おしっこを除けば元気で健康ハナマルなのに。
(もしくは、健康に見えて何かのサインなのだろうか)

チモシー一番刈りメイン、
カルシウムを多く含むものは食べていない。
結晶の原因は何なのだろう?

この際、すみずみまで調べてもらって
悪いヤツを
モコの体から撃退したい

手術となるとリスクを覚悟しないといけないので、
薬で治る病気であることを願うばかり。
明日、エコー検査に行ってきます。

※エコー検査の結果はこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、ぼうこう炎 一進一退

ぼうこう炎のような症状で
抗生剤のお薬を処方してもらい、
3週間分終了。(詳細はこちら

もこ
(↑1日1回、大好きなラキサトーンに混ぜて
お薬をペロペロ)※医師の指導による

もこ
(↑牧草を棒がわりにラキサトーンと粉薬を
かき混ぜてある。牧草も食べる)

もこ
ペロペロ。お薬おいしかった。


投薬1~2週間はあまり変化がなかった。
3週間目から頻尿も落ち着いて
トイレにチッコが出来るようになってきた。

モコ
↑        (※シーツをかまないので直に敷いている)
すのこなどにトイレシーツを
敷いていて、
「もうトイレシーツ卒業かな?」と
喜んだのもつかの間、

薬が終わったとたん、
昨晩、盛大にトイレシーツに排出。

まだ完治していないみたいだ!


今朝、かかりつけの動物病院に電話。
「血が混じっているか?」
   →「いいえ」

「おしっこの時、痛そうにしているか」
   →「いいえ」

「陰部をしきりに気にしているか?」
   →「いいえ」


など、電話で先生とお話し、

「前回のレントゲン、尿検査では異常が
なかったが、結晶のようなものが
膀胱を刺激してぼうこう炎に似た症状が
出ることがある。」

ということで、
再度、3週間抗生剤のお薬で経過観察。
そして3週間後、尿検査。
(症状がなくなっても完治しているか
分からないので、3週間はお薬を続けないといけない)

ぼうこう炎って
良くなったと思ったらまた逆戻りしたり
なかなか治らないなぁ・・。
しつこい~。

しかし、牧草はチモシー一番刈り、
ペレットはNOカルシウム、
おやつはドライフルーツをやめ、
生のにんじん、たんぽぽの葉、くずorくわの葉。
運動も取り入れている。

結晶の原因となるカルシウムは
ほとんど摂取していないのに・・。

先生によると、
うさぎはもともとカルシウムを作りやすい
体質とのこと。
食べ物に気をつけても
どこからかカルシウムを取り込んでしまうのか。

さて、お薬もらいに行って来よう。
根気強くお薬飲んで、しっかり治そう!


--------------------------------
【現在の症状 おぼえがき】
だいたいトイレでおしっこができるが
自然に出ないことがある。
トイレで出そうとしても出ない。
そのあと、トイレ以外でもらす。
(量はドっと大量、または少し)
自然にチョロチョロではなく、
ジャーと大量に出る。
しかし、以前のように1日中ではなく、
時々。
全くもらさない日もある。

元気はものすごくある。
水もよく飲み、食欲も旺盛。快便。
食に執着している。
私の足にカクカクしなくなった。
---------------------------------

※つづきはこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、ぼうこう炎 途中経過2

病院に行き、抗生剤をもらって
2、3日。おもらしもピタっと止み、

「抗生剤スゴ~イ!」と思っていたのもつかの間。

昨日あたりからトイレ以外でおもらし。
そのたびにすのこ、トレイ、マットを水洗い。
キリがないので・・歴代トイレ活用。
トイレだらけの臨時レイアウト。

モコトイレ

うさぎはもともと、お水をたくさん飲むものだが、
モコはあまり飲まない。
そしてチンゲンサイなどの
水分をたくさん含む葉っぱも食べない。

それが・・・急に水を飲む量が激増。
(これが普通なのか!?)

モコトイレ

そしてもらす。

よく観察していると、牧草をもしゃもしゃ食べながら
ちょい力んでバっとチッコが出ている。

頻尿で我慢できず、トイレに行く間もなく、
無意識に出てしまっている感じ。

きれい好きでトイレでしかチッコをしないので
よほどのことである・・。

長いトイレに牧草入れを置いてみた。
モコトイレ

ペレットを朝20グラム→15グラムにしたら
いつもは夕方になっても少し残っているのに
1時間以内に完食。
そのあとは晩ご飯まで牧草をバクバクバク。

昼ぐらいに運動と生ニンジン。

水同様、食欲がすごいのだ。
すごい、というか、何かにとりつかれたかのように
ガツガツ食べる。

これが普通なのかな??

ちょっとマフマフが小さくなり、
ケージを飛び越えるほど身軽になったようだ。



うーむ、病気の原因が分からない。
薬がなかなか効かない。
弱めの薬で効き目おだやかなのかな。

病院では、抗生剤で様子を見ましょう!とのことなので
ケージ内を清潔にして、食事と運動とお薬で
見守るしかない。

ひとつずつ試していくしかない。

今まではトレイにペットシーツを敷く
必要がなかったけど、長期化しそうなので、
ペットシーツを買って来よう

早く良くなろうね!

※続きはこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、ぼうこう炎 途中経過1

4歳を過ぎたあたりから、
運動量が減り、ケージから出ても部屋をうろうろせず、
ケージ近くで寝ることが多くなった。

歳のせいかな?と思っていたが、

トイレは”完璧”のモコが
先週あたりから粗相をするように。


飲む水の量、食欲、フンもいつもと同じ量だが、
頻尿。元気はある。

横になっているとき、牧草やペレットを食べている時、
無意識のうちにジャーっと漏らしている。

でも、トイレにおしりをくっつけて出そうとする時は
チッコが出ない。出たとしても一滴、二滴。

何かヘンだ・・!

2月6日、採尿して病院へ。
レントゲン、尿検査ともに異常なし。
症状的に膀胱炎の前兆では?との診断。

抗生剤3週間分をいただき、様子を見ることに。

何が原因か・・?

ケージは1日2回掃除している。
住環境は清潔にしている。

考えられるのは・・運動不足?

レントゲンの写真を見て、
私「やはり、ちょっと丸いですよね~」

先生「うーん、確かに肉垂やおなかが
ちょっとぽっちゃりしていますね~。
太ってるわけではないけど。」

レントゲンで映し出されたモコのおなか。
さわりたくなるようなプニプニ感。

今までのモコの食生活を振り返ってみた。

ドライフルーツあげすぎ?
ペレットの量が多いのか?
栄養偏ってる?


対策
朝晩のペレット減らす。
もともと繊維質の多いペレットにしているので、量だけ調整。
朝:OXBOWバニーベイシックスT 20グラム→15グラム
晩:OXBOWバニーベイシックスT+エンハンサー+乳酸菌 計20グラム→15グラム

ドライフルーツは廃止。(ここは心を鬼に)
代わりに生にんじん。
ダッシュして運動したらごほうびにあげる。

牧草(チモシー一番刈り)無制限。

5日経過
牧草をものすごーく食べ、水をたくさん飲むように。
ペレットは残しがちだったのが、一気にペロリ。
にんじんを持つ私のあとをおいかけてダッシュするように。
盲腸便の食べ残しが落ちていない。
食べ物への執着が増している。。
ちょっと身軽に動けるようになった。


早期発見でちょっとした変化を見逃さず、
病気を未然に防ぐことができたのは
良かったと思う。
日々のモコチェックは大事!!


今、はやり?のマシュマロ女子、モコ。

目標1.6キロ→1.5キロ
健康な体で長生きできるよう、
全力でサポートしていきます。

症状は快方に向かっていますが
まだ完治していません。
ケージ内のおもらしあり。

引き続き、注意深く見守っていきたいと思います。

目指せ!ないすボディーモコ
もこ

※「モコ、ぼうこう炎 途中経過2」はこちらをクリック

応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


モコ、病院へ。そしてまた病院へ。

先週の金曜、急遽病院へ。
ティアローズ

すでにキラキラおめめ復活。
結果的には大事に至らなかったけど、

私の不注意。深く反省・・。

この報告だけを記事にするつもりで
下書きしていたのに

今日も別のことで病院へ。

尿検査とレントゲン。

モコはレントゲンが大嫌い。
大暴れして、看護師さんを
大いに手こずらせてしまったようだ。

尿検査、レントゲンともに異常なし!
(一瞬、石に見えたけど、おチチでした。)
大きな病気ではなさそう。よかった。

とりあえず、お薬もらって様子見。

食欲と元気はいつも通りなので
たぶん大丈夫
(まだ油断はできないが)


※その後の経過はこちらをクリック


応援ポチッとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


月別アーカイブ
記事検索
メールフォーム
bnr010_01
プロフィール

まゆっち

箏・三絃・胡弓の修行をしながら、演奏したり、教えたりしています。
ブログでは、自分のお稽古のことや箏三絃教室のこと、うさぎのことを書いています。
2019年11月、愛兎「モコ」を10歳直前で亡くし、2020年初めに「うに」を迎えました。
早くもミニレッキスのかわいさに目覚め、「うに」に悶絶する日々

logo

初代うさぎ
モコ
ホーランドロップ♀
2009年11月29日生まれ
2019年11月16日9歳11ヶ月でお月様へ
二代目うさぎ
うに
ミニレッキス♂
ラパンハウス北大阪店出身
2019年11月13日生まれ
2020年1月4日から家族の一員
お気に入りリンク