水曜はレッスンなし。
用事を済ませてから、京阪モールに立ち寄る。
モコの仏壇に入りそうな造花、プリザーブドフラワー、ハーバリウム、
他 何かないかな~とショップをブラブラ。

お花はピンと来る物がないので結局、スタバで休憩しつつ楽天ショッピング。

やさしい店員さん
「オススメ新発売のニューヨークチーズケーキに合うコーヒーです
ゆっくりしていってくださいね」
20191120_120426695
ニューヨークチーズケーキは食べ応えがあって好き
コーヒーもほどよい酸味でチーズに合う。

限定ミッフィー版
思わず買ってしまった
DSC_0308

レジの店員さん、
「このチョイス、、うさぎさんっぽいですね
す、すいません・・ついお聞きしてしまいました・・
DSC_0307

「うさぎを飼ってるんです(ウフフ)
(お仏壇にいるから、嘘じゃない)
にんじんとりんごは実は箸置きですが、サイズ的にもお供えっぽくてちょうど良い

お線香代わりに・・マッチタイプのお香。
DSC_0320

家に1人でいると気分が滅入ってしまうことがあるけど、
外出すると店員さんのちょっとしたやさしい一言が心を温かくしますね。

それはレッスンも同じ。
いつも通り生徒さんたちとお話したり、演奏していると楽しいです

その都度買い足して少しずつ華やかに。
(ほぼネットショッピング)

11/22現在
DSC_0321

ぴったりサイズのかわいいプリザーブドも届きました。
それに合う花瓶がなかなか見つからなかったけど、ダイソーで発見。

DSC_0321-1

扉を閉めるとキューーーート
DSC_0310

閉めるとモコが見えなくなるので、四十九日までは開けっぱなしにしたいと思います。



モコのペット用品も保護うさぎのボランティアさんに有効活用。
本日発送。
「大阪で保護されたうさぎを里親様につなぐ活動(里親募集)を行っているうさぎのボランティア」をされている、うさぎデザイン様に連絡、支援させていただきました。

DSC_0316

今後、保護うさぎさんを迎えるかもしれないし、ご縁があれば、他の動物を迎えるかもしれない。
でも、このまま家に残しているとつらくなるので。
DSC_0317


DSC_0319



本日初七日。

なぜ私はいまだにモヤモヤしているのか分かった。

今年に入り、バリウム検査をしてからのモコの様子を見ていたら、
明らかに老化は進んでいた。
気持ちは元気だけど体が追いつかないというか。。

早かれ遅かれ、もう寿命が近づいていたのかもしれない。
でも、11月29日の10歳までは絶対大丈夫だと思っていた。

○ギリギリまで先生に手を尽してもらって息を引き取るのと、

○息の荒いモコを見ても「どこか痛いのかもしれませんね。
今の点滴を続けていたら90%のうさぎさんは元気になります。
また明日も点滴に来て下さいね~」と言われてそれを信用してたら翌日亡くなった。

どちらも結果は同じだけど、こんな終わり方はやりきれない。

私がいち早く処置をして良くなって欲しくて、かかりつけではない方の病院に行ったこと。
よかれと思った最初の選択がモコの寿命を縮めてしまったのではないか?
そもそも最初の選択が間違っていたのではないか。

先週の今日、今頃モコは鼻息荒く病院から帰っても食欲戻らずずっと隠れていた。
この時かかりつけの病院に明日ではなく、なぜ今から予約をお願いしなかったのか?
翌朝亡くなることもなかったのではないか?
亡くなったとしても苦しみが軽減されたのではないか?

何より今まで可愛がって下さったかかりつけの先生に看取ってもらえなかったことが申し訳なさでイッパイ・・。

こんな想いがループして抜け出せないでいる。