17日(日)朝9:45 10年過ごしたおうちを後にする。
レッスンの部屋から住み慣れたリビングに移動。
さいごの家族写真。
DSC_0267

17日朝  徒歩10分の霊園へ。
棺代わりの段ボールに寝ているモコを慎重に運ぶ。
病院以外でおでかけするのは初めてのモコ。

完全予約制・個別火葬。
エレベーターには本日のお別れの子たちの名前。
偶然にもこの日は3ウサちゃんのお別れ。
(こんなに重なるのは珍しいそうです)
DSC_0270

打合せスペースにてオプションの説明。
家ではオプション付けず、基本プラン(火葬+骨壺)だけでヨイと思っていた。
しかし、苦しい思いをさせてしまった後悔。
これ以上後悔のないようお見送りしてあげたい。

やっぱり、ふかふかのお布団に入れて上げたいな・・
火葬場まで着いて行きたいな・・と思い、
・立合いプラン(専用お棺・お布団付)

モコの骨も見てあげたい、自分の手で拾って上げたい・・と思い
・お骨上げ 追加。

女性スタッフさんもおうちにウサちゃんたちがいるとのこと。
私の話やモコの顔を見て
「本当に大事に大事に育てて愛されてたんですね。モコちゃんも幸せですね」
と涙ぐまれていました

形見の毛をハサミで切らせてもらう。

段ボールからピンクのお棺に移動する際、夫が頭、私が足を持った。
おなかが沈むことなく薄く冷たい氷の板のようだった。
さらに悲しみが増す。

モコのお手々に小さな数珠を付け、六文銭(コピー)、杖?を入れる。
お花を飾り、りんご、にんじんなどのおやつ、ペレット、牧草をお顔の両側に。
この1週間、食べたくても食べられず苦しんだ分、お月様では山盛り食べて欲しい。


↓そして、写真を何枚か入れました。

2015.1.21 結婚10周年&誕生日
レッスン室の壁に布を貼って初めての家族写真。
解せぬ顔のモコ
私たちのこと、忘れないでね!
P1210445

お月様でもジャンプしてね。
P1150667

分身、羊毛フエルトのモココ。
P2041678

エサ担当の私のことも思い出してね。
P3070428

テルヨさんの人参おいしかったね。
次も楽しみにしてたのにね。
2019/06/02 にんじんの葉っぱ
P6020166

やっぱり外せないのが箏を弾く(?)モコ。
急遽、モコ師匠を遺影にしました。
P2140214

立派な祭壇
DSC_0274

オプションで僧侶の読経を付けませんでしたが、
葬儀の最初と最後に念仏を唱えておられました。
読経オプション付けなくても十分。

(注)最後のお別れをしたい方はクリックして見てあげてください。

DSC_0277moco

DSC_0275moco

お水を含ませた紙でモコのお口を潤し、
最後のお別れ。いよいよ旅立ちへ。
夫と私が軽い棺を運び、自分たちの手で火葬台へ。
夫が最後の点火スイッチを入れると静かにモコは熱いところに入っていきました。


火葬台まで見送る立ち合いプランを付けて良かった。
知らない人ばかりだとモコも怖がると思うので。
大好きなBOSS(夫)と一緒だと安心するね。
※モコ的序列  BOSS>モコ>>>>>私

約40分後、骨上げ。

どこの骨か分かるほど粉々にならずににだいたい残っていました。
歯もそろっていました。
一本一本、丁寧に拾い上げました。

お焼香から最後に水塔婆(紙)の供養まで。
人間のお葬式の小さい版という感じ。
ここまでやっていただけるとは思ってなくてビックリ

全く後悔のないお別れをすることができ、少し報われました。

お昼前におうちに帰ってきました。
夫の本棚に仮置き。
DSC_0279

家に落ちてたヒゲを集めていました。
羊毛フエルトのモココのヒゲは本物使用。
形見のモコ毛
DSC_0280


今日(11/19)、かわいいお仏壇が届き、モコのエリアにお引っ越し。
DSC_0301
おかえり!

東京に引っ越しした元生徒のoeoeさん。
(2017/06/24 最後のレッスンではモコとご対面)

現在もブログ愛読、定期的にLINEをいただく仲です。
7年ほど前に亡くなったワンちゃんの遺骨の一部をキーホルダーに入れて持ち歩いているそうで、
私も欲しくなり、早速注文しました。

ヒゲや毛を入れるメモリアルケースも欲しくなり、注文・・
あれもこれも欲しくなります!



ちょうど1週間前の今日から病院通い。
1週間前に戻れるものならやり直したい・・
少しずつ前進しているけどやっぱりモコがいない毎日はサビシイね