ステイホームを機に刺繍を始めた生徒さん
「先生の日記読みましたよ~
私も刺し子やったことありますよ

訪問ありがとう

昨日、3作目が完成しました。
DSC_2767-20210513

刺し子だけでなく、和歌や般若心経の書写、塗り絵、羊毛フエルトと浅く広くおうちでやっていますが、没頭している間は、湧き上がる雑念が消えて心が落ち着きます。
目の前にある作品に向き合い、そのことだけを考える・・
今までできなかった体験です。

ピンク→白のグラデーションの糸で、布と同化してしまった
遠くから見ると、抜けてるように見えますが、全部縫ってます
DSC_2768-20210513
直線とジグザグ縫い

まだ2作品残ってます。(無謀にも急にハードル上げました)


ワタクシ、元々近眼で(0.1未満の近眼。たぶん0.05ぐらい)
日常生活では、近眼矯正用のコンタクトかメガネが必須。

しかし・・刺し子や書写、読書の時は裸眼のほうが見やすいです。
これは、老眼なのか??




昨日のレッスンにて・・

DSC_2757-20210513


正派の楽譜のチョンチョンが見づらくなってきた。
DSC_2759-20210513

あまりじっくり見ず、感覚で弾いていますが・・
メガネだと3本に見え、裸眼だと2本に見える。。

見慣れている家庭音の楽譜は指使いを「3(中指)」「4(薬指)」と表記するのに対し、
線の本数で指使いを表記「’’(中指)」「’’’(薬指)」


中指で引っぱるグリッサンドなのに、
2本のチョンが3本に見えていて、薬指で八分音符の五十と弾いてました。
DSC_2761-20210513

「先生、ここ中指じゃないんですか?」

「え?2本だから薬指で五十って弾くんじゃないの?」

「先生、2本ですよ」

「ひーふーみー、3本ちゃうん?」

「先生、2本ですよ」

メガネ外して裸眼で見たら2本だった
「あ~、ホンマや。2本やな

まぁ、こういうこともあるさー

生徒さんのリクエストで私が習っていない曲もやってます。
レッスンというより、勉強会!?

最近は、生徒さんリクエスト曲の箏譜を作成したり、優しくアレンジしたり、他の流派の曲を練習したり・・
自分や生徒さんのために時間をゆっくり使うことができます。



昨日のレッスンでさすがにヤバイと思いました

老眼を確信したワタクシ、メガネの処方箋を作ってもらうため早速眼科へ。

検査の結果、
「白内障、緑内障、加齢黄斑変性なし。
乱視もそんなにキツくない。
近視と老眼が入っているので、遠近両用にしてみますか?」

眼科で処方箋をもらってその足で梅田のメガネ屋さんへGO!

近日、遠近両用メガネデビュー

老眼とは無縁と思っていたけど、やっぱり避けて通れないね